スポーツ選手の英語力

サッカー日本代表の川島選手の語学力が凄いというお話。
何でも6ヶ国語を操るとか。
凄い!!


・・と報道を鵜呑みにするのはとても危険で,この「操る」とは一体どのぐらいのレベルなのか興味があるところです。
こう言う時は本当に便利なもので,Youtubeで川島選手のインタビューがありましたので覗いてみました。
正直なところ,私が思っていたよりも凄いと思いました。

何が凄いか。
少なくともリスニングは私よりも上だと感じました。
(私との比較がどうなのかという問題はありますが)
一方でスピーキングは定型的な受け答えが多く,何かを詳細に説明したという感じではない印象を受けました。
そもそもサッカーという専門的な分野の話ですので,聞かれることはある程度決まっているのでしょう。

それより私が凄いなと思ったのは,単独でインタビューに答えるという事です。
相手の言う事が聞けなかったり,意図している事と違う事が伝わってしまったり,という事は気にしないんですね。
今度加入する永井選手の通訳も務めたほどなので,編集された映像では分からないぐらい達者なのでしょう。
また,GKと言うのはコーチングで後ろから味方に指示を出さなくてはいけません。
その時に「あの選手をマークして~」とかいちいち日本語で考えてはいられませんから,咄嗟の指示が求められます。
ミーティング時や練習時にも英語で会話をするでしょうから,やはり英語力がないというのは致命的でしょう。

エースの本田選手のインタビューの映像もありました。
こちらは川島選手に比べるとかなりラフな感じがしましたが,それでも「俺の話を聞け!」というような強い意志を感じました。
やはり会話においては臆せずに話し続ける事が本当に重要なのだなと思いました。

中田選手もそうでしたが,やはり世界で活躍するには語学力は必要不可欠ですね。
1,2年のパフォーマンスならともかく,第一線で長く活躍している人はマスコミとのやり取りも増えるでしょうし,いつまでも通訳と一緒というのもどうかという気がします。

メジャーリーグのイチロー選手や引退した松井選手もかなり達者だという記事を目にしました。
彼らのインタビューはほとんど表に出てきていないと思うのですが,二人ともかなり出来るという話もあります。
松井選手は英字新聞を普通に読めるほどだとか。

「習うより慣れよ」
「慣れるまで習え」

習う事も慣れる事もやはり同じように大切なことだと思いました。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-31 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

日々の努力を重ねる(自分へのリマインド)

私の会社でも社内での英語の重要度が高まってきています。
「英語公用化」まではいきませんが,英語での会議,報告が増え,会社も社員の英語力上昇を明確に期待するようになって来ています。
具体的には,通信教育やTOEIC-IPの補助などの受講費の補助などです。
10年前にはこのような日が来るなどとは全く想像が出来ませんでした。
「英語は必要なんだろうけど,そのうち勉強すれば良いかな」と言うぐらいにしかとらえていませんでした。
今思うと危機感が全くなく,恐ろしい限りです。

それでもやはりこのブログを立ち上げるタイミングで,再勉強を始めたのは本当に良かったと思っています。
当時も今ほどの危機感を持っていたわけではありませんが,当時の私は何か思うところがあったのでしょう。
目立った成果を出せていませんが,それでも今までかけてきた時間は無駄ではなかったと思います。
色々なトレーニング法を試しました。
色々な教材を読みました。
結構なお金をつぎ込んできました。
そういう事があったからこそ,今の自分があるんです。

今はそういう経験を踏まえ,自分には何が足りないのか,今後どのような課題に取り組めば良いのか,明確に分かっています。
それを一つずつ潰していくだけ。実に簡単なことです。
焦らず,騒がず,目の前の課題に真摯に取り組むこと。
何度でも自分に言い聞かせようと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-30 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

電話会議にて

久し振りに電話会議に出席しました。
結論から言うと,惨敗です。
非常に残念ながら,自分の成長を感じ取ることが出来ませんでした。

女性,男性,欧州系,北米系,実に色々な人がいます。
聞き取りは相変わらずで,何となく分かるような,分からないような。
分かる個所は分かるし,分からない個所は分からない。
結局,あまり良く分かっていない・・

話す方も,私が話してから1,2秒開いてから返事があります。
なので,あまり正確には話せていないと思います。
あるいは,私が意図を正確にはつかんでいないのかも知れません。
いずれにしても,コミュニケーション能力に難ありです。

私にできる事は,「力づくでも会議を無事に終わらせる事」です。
なるべく事前に資料を配布してもらう,分からなければ聞きなおす,不安なところは文字にして議事を残してもらう,などなど。
出来る事は何でもやります。
ただ漫然と会議に臨むだけのことはしない。
(極めて当然のことですが)

やはりリスニング能力は以前と比べて変わっていないなあというのが実感です。
現実を嘆く?
いや,嘆く替わりにトレーニングの質と量を工夫します。
具体的には,ディクテーションを厚くしていきたいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-29 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2013年の英検展望

昨日は英検の試験日でした。
今回は明らかに準備不足と言う事で,最初から申し込みをしていませんでした。
全く悩みもせずに。
「準備不足」と言う言葉に全てを封じ込め,自分を納得させる材料にしていました。

「今回は準備不足だから申し込まなくても仕方ない」
「今回は準備不足だからまた次回頑張れば良い」

では一体いつになったら準備が出来るのか?
一体いつになったら戦闘態勢に入るのか。

最初に英検1級に挑戦し,見事に散ったのはちょうど2年前です。
全く歯が立ちませんでした。
早いものであれからもう2年が経つのです。
2年という月日は決して短いものではない。
2年も経って準備不足とは一体全体どういうことでしょうか。
一体何を準備しているというのでしょうか。
もはや「準備不足」ではなく,「根性不足」という他はありません。

今年は結果にこだわる年にすると何度も自分に言い聞かせています。
次回6月に少なくとも戦えるレベルまで持って行き,10月には勝利をもぎ取りたいと思います。
チャンスは多くはない。2回だけ。
あくまで6月に勝利する意気込みでトレーニングを重ねていきます。

あと,4ヶ月と少し。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-28 : 英検 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

テンプレートを変更してみました

今年は色々と心に思う事があり,ついでにブログのテンプレートも変えてみる事にしました。
恐らく立ち上げた時から変えていないはずなので,7年ぶりということになります。
用意されているテンプレートから選べば良いので操作そのものは簡単なのですが,何せテンプレートの数が多いので選ぶのに時間がかかってしまいました。

なるべくシンプルなものを探してみました。
「これが良いなあ」と見つけたものに,自分の記事をはめ込んでみました。
そして思った事は

ん?どこかで見た事がある。

どこで見たのだろうと思ったら,なんと土佐犬さんと同じテンプレートでした。
これは恐れ多いと思い,慌てて(?)他のテンプレートを探す事にしました。

また頭から探していたのですが,またもやはめ込んでみたテンプレートは同じもので,一人で苦笑い。
これはもう諦めて,これでいく事にしました。

土佐犬さんには大変恐縮ですが,私としては勝手にあやからせて頂くと言う事で,今年はこれで行ってみようと思います。
私に知識があれば加工修正が出来るようなのですが,難しいのでひとまずデフォルトで。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-27 : モノローグ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

ブログを書くと言う事,そこから派生する事

最近,意図してブログを更新するようにしています。
理由は幾つかあります。

・毎日何か思う所を書く事で,日々のトレーニングの良い点,悪い点を確認する
・良い点,悪い点を確認する事で,自分の感覚をニュートラルに戻す
・モチベーションの維持
・TVを見る時間が急激に減ったので,その分の時間が空く
・そもそも,ブログを更新出来ないほど時間がないわけではなかった
・他の人のご意見を伺える
・文章を書く練習
などなど。

重複もありますが,理由は何であれで何かを書いて,足跡として残す方がモチベーションを保つ事が出来るように思います。
書く事で何かを発散し,気持ちを落ち着かせているのかも知れません。

ブログを書くと言う事は,他の方の記録を拝見出来ると言う事にもなります。
拝見していると,学習を通じて仕事を変えるほど大きく飛躍された方,コミュニティを形成されている方,ひたすら凄まじい記録を発信されている方など実に多様です。
そして,実に凄い事をやっていらっしゃる。
私はどなたと(実際に)お会いした事もないですが,記録を拝見していると色々な光景が目に浮かんできます。
共通の目的を持っているからこそ,そう言った光景が想像出来るのかも知れません。

私は一体どんな情報を発信しているのだろうと考えました。
しかし,すぐにやめました。
それを考える事にあまり意味はないと思いました。
私は私が書きたいと思った事を発信してみようと思います。

バーチャルなようで,リアルなようで。
不思議なつながりがそこにはあります。

これからも色々な事を教わって行ければと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-27 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4能力を個別に鍛える 【読む編】 ~後編~

読む能力の後編です。
これを最後に持って来たのは,1冊の本に私自身が大きな影響を受けたためです。

前編でも書きましたように,英文を「理解」するためには構文を正確に理解している必要があると思います。
語彙は難しくないのに意味が取れない。
こういう時は往々にして文法的に間違って,あるいは勝手に拡大解釈をして読んでいる事が多いです。
和文であればこのようなミスは恐らくあり得ないのですが,英文だとそれが起きます。

私は以前に「英文解釈教室」に挑戦し,一定の効果が得られたと感じていました。
読解をやり直そうとするにあたり,この「解釈教室」をもう一度振り返ってみようと考えました。
しかし,久し振りに開く「英文解釈教室」はとてもやり込んだとは言えず,何となくマーカーで線が引いてあるだけの代物でした。
自分の事ながら,これにはガッカリしました。
やはり教材はやりこんで,やりこんで,ボロボロになるまでやりこんでこそ血となり,肉となる思うので。
逆に,そこまでやらないと血肉にならないわけですが。

ボロボロではない「英文解釈教室」を手に取り,1章から始めてみました。
・・・が,あっという間に挫折しました。やはり和文,英文共に非常に難しいのです。
多くの人が挫折して行くのが本当に良く分かります。
しかも,私の場合は以前に一度目を通しているはずなのに。

ここで一呼吸置き,「どうしたらこの難敵『英文解釈教室』が読めるのか」を考えました。
別の教材に変えるのではなく,この教材にどうしたら取り組めるのか,を考えた事が良かったのです。
大きな分岐点でした。
そこで私は「『英文解釈教室』を読むための教材」を探しました。
Google先生に質問しまくったのです。

そしたら何とあったのです!それを以下にご紹介します。

「よくわかる英語の基本(澤井康佑)」
sawai-kohsuke.com/content4.html
(*久し振りに覗いたらリニューアルされていました)

「英文解釈教室」をどうしてもやり遂げたいと思っていましたので,それをサポートしてくれる情報を探していました。
最初は本でなくとも良いと思っていました。何かヒントのようなものがあればと。
amazonで「英文解釈教室」のレビューを見ると,賛否両論があります。
”賛”の主なものは,「これが読めれば他は簡単」という意見であり,一方の”否”の主なものは「難し過ぎる」「表現が奇妙」といったところです。
”否”も多いが同時に”賛”も多いと言う事は,うまく使いこなせば大きな武器になってくれると思いました。
独学では必ず挫折するであろう私を支えてくれるだろう一冊の本。
それがこの本なのです。

いや,正確には「著者のウェブサイトに掲載されている解説」です。
なんと,澤井先生(元・東進ハイスクール講師)がご自身のHPで「英文解釈教室」の解説を掲載して下さっているのです!!
解説の最初の方を読んでみて,「私が求めていたのはこれだ!」と思いました。
全てではないですが,「英文解釈教室」の短文のほぼ全てについて解説をして下さっているのです。
全ての章を網羅しているので,物凄い量になります。
Wordにコピペをして印刷してみたところ,何と200ページを超えました。
これだけで「『英文解釈教室』の解説書」として出版出来そうです。
それをHPで公開して下さっているのですから有り難い限りです。

この解説の中で,上記の「よくわかる英語の基本」が参照されています。
なので,私はまず通り読み終えました。2度,読みました。
なぜなら,巻尾に「復習が重要」と書かれているからです。
この本が素晴らしい(=私に向いている)と思うのは,随所に「〜を参照して下さい」「復習して下さい」などという指示が書かれている所です。
いくらズボラな私でも,この言葉を目にして無視する訳にはいきません。

この本は網羅的な英文法の解説書とは全く異なります。
ここに書かれていない文法もたくさんあります。
辞書的に使う事も恐らく困難だと思います。
しかし,文型,品詞,要素と行った観点から,英文の構造を解説しています。
解説書と言うよりは,読み物に近いです。
飽きっぽい私でも一気に読み終える事が出来ました。

2回読み終えたあと,上記のHPの解説を読み進めています。
膨大な量なのでまだ全てを読めてはいませんが,もうすぐ一周目を読み終える事が出来そうです。
もちろん,その後には復習が待っているので,終えるのは少し先の事になりそうですが。

読む能力に関しては,まずこのやり方でドッシリとした理解力を身につけたいと思っています。
澤井先生も書かれていますが,「辞書があればどんな文章でも読みこなせる力」を体得出来れば本当に素晴らしい事だと思います。
ワクワクします。
HPによると続刊も予定されていると言う事なので,楽しみにしたいと思います。

まずはここをしっかりと乗り越えた上で,スピードや正確性と言う事について検討を進めたいと思っています。



日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-26 : 学習計画 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

バラク・オバマ米大統領就任演説

昨日の朝刊にオバマ大統領の就任演説の和文・英文が載っていました。
4年前には目にも入らなかった事ですが,今回はちょっと気になっています。
今後,続々と雑誌に載ったり,CDになったりする事でしょう。

少し冒頭部分を読んでみましたが,かなり難しいですね・・
こういう文章がそれなりの速度,精度をもって読めるようになったらかなり快適な英語ライフと言えるでしょう。
今は読めない事はないのですが,かなりつっかえます。
スムーズさに全く欠けているのです。
ここでめげることなく,日頃のトレーニングをしっかりと行い,その日が来るのを楽しみに待ちたいと思っています。

最近,名文,名スピーチに少し興味を持っています。
キング牧師,スティーブ・ジョブズ,ルーズベルトなどが有名なところなのでしょうか。
そもそもどのようなスピーチがこの世に存在するのか分かっておらず,恥ずかしい限りですが。
一般教養と言う意味でも身につけておいて悪くはないと思っています。

今取り組んでいる「天声人語」の英作文及び音読もその一環と言えます。
その内容の良し悪しは私には判断するのもおこがましいですが,少なくとも一学習者の私が書くよりもはるかに洗練された文章である事は間違いありません。
そもそも比較の対象にすらなりませんが。
なので,これを繰り返し読み,エッセンスを取り入れる事は大いに意義のある事と捉えています。

スピーチも同じだと思います。
スピーチの場合は,その時その場面に聴衆がおり,生の声を届ける。
これは文章にはない事です。
その時の話者の感情も内容と共に取り込んでいく。

これまでにはなかったトレーニングがそこにはありそうです。
これはじっくりと取り組んでみたいと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-25 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4能力を個別に鍛える 【読む編】 ~前編~

最後は読む能力について。
これを最後に持って来たのには理由があります。

読解について,私は常々こう思っています。
私はこの目の前の英文を本当に読めているのだろうか」と。
日本語は流し読みでも大意は把握できますし,時間をかけて読めば難しい内容でもそれなりに理解できます。
分からないところについては,どのようにすればそれを理解できるのかを知っています。

一方で英文は違います。
流し読みの場合は理解度はかなり低いですし,時間をかけて読んでも必ずしも全てを理解できているとは言えないのです(あくまで私の場合)。
理解したと思っていても,和文に比べると忘れる時間も早いのではと思っています。
和文を読むときには速度,理解度共に早いのに対し,英文はどちらも劣っています。
これは当たり前の現象ですが,少しでも和文の理解に近づける工夫をしなければなりません。
日本語以上の理解はないのですから,まずはそこが目標になります。

次になぜ読めていないのかという原因を考えてみます。大きく以下の3つが考えられます。
1) 語彙が分かっていない
2) 文法が分かっていない
3) そもそも文章を読む力が足りない
4) そもそも内容に関する知識がない 


1)についてはこれはもう覚えるしかないでしょう。
試験対策であればそれ専用の参考書を使うのが良いでしょう。
広く語彙を増やしたいのであれば,やはりまずは多くの英文に目を通し,未知の単語に“出会う”回数を必要があるでしょう。
未知の単語に出会ったらあとはそれを以下に定着させるか,ですが,これは色々な方法が提案されていますね。
単語帳を作ったり,アプリを使ったり,電子辞書を使ったり,やり方は人それぞれだと思います。
私は3)に書く理由もあって,試験対策的なボキャビルは少し先にしたいと考えています。

2)についてはかなり工夫の余地があると思っています。
語彙は簡単,あるいは辞書を使える状況にありながら読めない場合があります。
これは私自身が文法を理解し,使える状態になっていないためではないかと考えています。
関係詞,倒置,省略,修飾等々の理解が十分かとそうではありません。
あるいは説明されれば分かるが,初めて読む文章でそれを活用できていない場合も多いと思います。
知っていてもそれが出てこなければ何の役にも立たないので,文法を十分に理解しつつ適切に英文を読んでいく必要があります。

となると,これまで何となく昔の知識で英文を読んでいたところに,さらに新たな知識を入れ込まない事にはこれ以上の進展は望めません。
これについては昨年末より実践している事がありますので,後編で整理したいと思います。

3)については和文でも英文でも同じことが言えます。
語彙や文法以前に,和文,英文を問わずそもそも読む事に対して耐性がない。
つまり,英文を読むときの速度,理解度を上げるためには,まず和文でそれを行う必要があると思います。
英文を読むのが早いのに和文は遅い,なんて人は恐らくいないはずです。

4)についてもやはり和文でも英文でも同じことが言えます。
内容を全く知らなければ,理解以前の問題です。
日常生活のような話なら良いのですが,専門的な話になるとその人の教養が試されます。
そういう意味でも,普段から偏りなく見聞を広めておく必要があります。
(これはこれで難しいことなのですが)

私はまず英文読解において,「Japan Times社説集」を選択しました。
昨年の夏にやりかけてその難しさ故に放置していましたが,年が明けて改めてトライするとヨチヨチですが読めない事はありませんでした(辞書は必要ですが)。
実は「難しくて読めない」のではなく,「最初からスラスラ読めないので諦めていた」だけだったのです。
これまでそこそこの知識は入れて来ているのだから,それなりに読む事は出来るはずです。
むしろ,それが出来なければ基本的な知識さえ身に付いていないと言うことになります。
1)に書いた語彙については,まずはこの中で出てくる未知の単語を取り込んでいくつもりです。

並行して今年は新聞や一般書(和文)も積極的に読んで行こうと考えています。
「読む」という行為を習慣化させたいのです。

短時間で読み,かつ,大意をまとめられる能力。
これを身につけて初めて「英文を読める」と言えるでしょう。
私は何となく表面を眺めているだけで,とても読めたとは言えない状態だったのです。
今年はそんな悲しい場所から脱出します。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-24 : 学習計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4能力を個別に鍛える 【話す編】

次は話す能力について書きます。

このパートは4つの能力のうちで,今のところ最も練習量が少ないパートです。

日本語で話をする際には,いちいち頭の中で話を組み立てることはしません。
どんなことであっても自然に口をついて出てきます。
内容や構成はともかく,「話す」という事に関しては何の支障もないわけです。

一方,私が英語を話しているときはどのような状態になっているのかを考えてみます。
プレゼンテーションのように事前準備が出来るものではなく,日常的な,あるいはビジネス上での流れのある会話を想定しています。
会話なので相手の話す内容を理解する必要がありますが,これについては理解出来ているものとします。
私が話す場面としては電話が主ですので,沈黙はマズイと思い,とにかく間を繋ごうとします。
これそのものは悪くないと思っています。
しかし,気持ちとは裏腹に言葉が出てこないため,「アー」をやたらと連発します。
よく困った時に「How can I say...」を使う人がいますが,私は絶対にこの言葉だけは使わないように決めています。
深い意味はなく,単に天邪鬼なだけなのですが。
何か,話す事が出来ていない事を自分で認めているようで,ネガティブなイメージが拭えないフレーズです。

英語での会話と言うのは,「超高速で行う口頭での瞬間英作文」だと思っています。
ビジネスであれば,残念ながらそこに感情が入る余地がありません。
日本語であれば入れられるような軽口も入れる事が出来ません。
ひたすら相手の言う事を聞きとり,高速で対応するだけです。
遊びがないのです。もう必死です。

と考えると,瞬間英作文のように多量の易しめの英文を体内に取り込む必要があります。
この作業については,一定レベルまではひとまずクリア出来ていると思っています。
この次はこれらの英文群を,
1.超高速で頭の中でつなぎ合わせ,
2.ほぼ同時に超高速で口から発する作業

が必要になります。

1.については毎回毎回頭で考えていては頭が疲労しますし,何より会話においては間に合わない。
なので,徹底的に体に染み込ませる練習をするほかはない。
これはまさに完全マップで言うところの「瞬間英作文」です。
2.については「瞬間英作文」で染み込ませたフレーズを,いかに口頭で再生させるかです。
まさに口頭で行う瞬間英作文です。
私はこの2.の練習がゼロに等しいといえます。

ならばそれ専用の練習をしなくてはならない。
でも,英会話学校やオンライン英会話に走るかと言うと,それはやはりなかなか効果が上がらないと思っています。
特に英会話学校は費用が高い,時間に縛られるという観点で通う気が起きません。
(高くても爆発的な効果が期待出来るのであれば別です)
後者はもしかしたら選択肢に入れて良いかも知れません。
しかし,それ以前に出来る事があるはずです。
それは「一人でひたすら何でも良いので話しまくる事」です。
ひとまずは身近の事について話しまくるのが良いでしょう。
学校の課題にもなっていますし,幾つかの参考書でもトレーニング法として目にしました。
これなら費用はかかりませんし,時間にも全く縛られない。
必要なのはそれをやり切る根性だけです。

実は課題になっていながら,私はこの点で手を抜いておりました。
なので,通ってはいるものの,いまだに英会話は上達しておりません。
筋トレばかりしていて試合をしていないスポーツ選手のようなものです。
なので,このトレーニングを積極的に取り入れたいと思っています。
まずは何でも良いのでとにかく話してみないと始まりません。

あと,私の場合は「文法的に正しく話そう」という気持ちが強過ぎるように思います。
時制の一致,単数複数,構文などをなるべく正しく発したい自分がいます。
しかし,これは中々に大変なことでありますが,優先順位は必ずしも一番上ではないと思います。
まずは間違っていても何でも良いので,上に書いたように超高速で口に出すこと。
この単純な事こそが非常に重要なことではないかと思っています。

結局,話す事に関してはまず自分一人で話す練習をする事。
至極当たりまえのようですが,これが第一歩のように感じています。
これがスムーズに出来るようになれば,その時はオンライン英会話で実践の場に出てみたいと考えています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-23 : 学習計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

センター試験の問題を解いてみて思うこと

日曜日にセンター試験の問題(英語)が掲載されていました。
確か,昨年か一昨年も解いてみよう!と思ったのですが,最後まで解く前に挫折してしまいました。
今年こそは最後まで解いてみよう!と思ったのですが,出かける時間が来てしまったので,まだ解けていません。
今年は頑張って最後まで解いてみようと考えています。
最初の方は実際に解いてしまいましたが,改めて時間を計って解いてみようと思います。
やはり模試にしても何にしても,本番形式の物は本番形式でやってこそ,だと思います。

それにしても,英語以外の教科も少し覗いてみましたが,何とも言えない恐ろしい気持ちを感じました。
見た瞬間に戦意喪失するほど難しく見えます。
受験生時代はこういう問題を解き,得点を争っていたのが本当に信じられません。
実際に解いてみると必ずしも難しい問題ばかりではないと思うので,テスト形式に慣れていないだけでしょうか。
唯一英語だけはTOEIC等で免疫が出来ていますので,さほど抵抗なく入れましたが。
やはりこういう場数を踏んでこそ地力もアップするのだなあと改めて思った次第です。


最初の方の問題文を読んでいて思った事を忘れないように書き留めておきます。
(ここに書いたことを忘れてしまうかも知れませんが,書く事で記憶に残ればと)
問題文そのものはさほど難しくないと思います。
語彙もさほど難しいものは出てこないのではと思います。
しかし,やはり制限時間に十分に理解出来ているかと言えば,そこにはまた別の問題が潜んでいると思います。

恐らく時間をかければ解ける問題も多いでしょう。
しかし,それではダメなのです(多分,何度も書いていると思うのですが改めて)。
限られた時間の中で高速で情報処理を行い,解答を導き出す必要があります。
これはこれで別の訓練が必要になります。

実際,最初の方で残念ながら読み返しを行ってしまったものがありました。
この辺りの文章は1回目でいかに「読める」かがポイントだと思っていたのですが。
語彙も文法も難しくない=即座に読める」という方程式を常に成立させるためには,トレーニングに別の要素を加えていく必要があります。

これは(読む編)のところで整理しようと思っていた事でもあるので,後日改めて記事にしたいと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-22 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4能力を個別に鍛える 【書く編】

次は書く能力について書きます。

書く事については,I think ~とか,分詞構文(適切な場合のみ)とか,あるいは言わばテンプレート的な表現を用いてそこそこ書く事が出来ると思っています。
時間はかかりますが,長い文章になっても書けるはずです。
あくまで,自称「そこそこ」ですが。

しかし,それが論理的であるとか,表現がこなれているとか,その点については全く自信がありません。
このように書こうと思ったら,また別のトレーニングが必要になって来ると思います。

ではどうするか。

文章を書いて,添削してもらうか。
これはこれで良いでしょうが,対処療法であって,根本的な解決にはならないと思っています。
自分で何かを作成し,それを直してもらうと言うのは,その時は納得出来てもそれ以上の応用が利かないと常々思っています。
例えば模擬試験を受ける。
いきなり受けて,解説を聞いても,その時は納得出来るでしょうが次に応用が出来るかと言うと必ずしもそうではない。
十分に勉強をしてから模試を受け,自分の分からない所を発見し,そこについての解説を聞いて初めて血となり肉となるのではと思います。

私の場合,これまで読む事についてはそれなりに量をこなして来ましたが(それが身近で,容易に出来ると言うこともあり),書く訓練をほとんどして来ませんでした。
「完全マップ」に従って「瞬間英作文」をかなりやり込んだ時期もありましたが,あれは文字通り瞬間的に反応する能力を鍛える事が主目的であり(口頭での瞬間的な英作文),論理的に文章を書く事とは目的が異なります。
私がやらなくてはならないのは,「文法的に,表現的に妥当な英文の作成」なのです。

となると,その分野になると私の中にある材料はゼロに等しいので,何かを蓄える事から始めなくてはいけない。
そして学校で与えられたのは何と「天声人語」です。
最初の記事を読んで,即座にこれは無理だと思ってしまいました。
「とてもこんな文章を書くことは出来ない」と。
でも,それはその通りです。
プロによって書かれているのですから,いきなりこんな文章を書けるはずがないのです。
時間はかかります。
学校からも「何十回も音読する必要があります」と言われていますし。

恐る恐る最初の記事の作文を始め,英文と照らし合わせてみました。
案の定,私の解答とは全く違います!面白いほどに全く!
私の解答が何と堅い事でしょう。知っている文法で単語をつなげているだけです。
対訳の英文とは似ても似つかぬ代物が出来上がっておりました。

英文を何度も読み,何度も音読してみました。
最初はとても覚えられない!と思っていた英文ですが,何度も音読しているうちに頭に入ってきます。
そこにストーリーがあるために,まだ全てとはいかないものの,日本文から目を離しても諳んじる事が出来るようになって来ました。
これは自分でも驚きました。そして,かなり大変な作業ではあるものの,楽しいトレーニングになる予感がしています。
自分の知識が増えていることを感じられると言うのは,いつであっても楽しいものです。

しかし,まだまだ1つの記事についてこの作業を終えようとしているだけです。
増えた知識も微々たるものです。
それも放っておけばまたすぐに忘れてしまいます。
ここから何度回せるか,これが大事になって来ます。

書くことについては,まずこのトレーニングで自分の中での材料を増やす事。
今はこれが大事だと考えています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-21 : 学習計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

センター試験で思う事

今年もまたセンター試験の季節がやって来ました。

私が受験したのはもういつの頃でしょうか。
両親にも随分と迷惑と心配をかけました。
未だに何の恩返しも出来ていないのが本当に恥ずかしい限りです。

英語に関して言うと,模試などの成績から私の実力は170点〜180点くらいだったように思います。
中盤から後半にかけての大問で幾つか落とす,というパターンだったように思います。
もう随分と前の事なので記憶が定かではないのですが。

当時はリスニングはなかったように記憶しているのですが,今はあるのでしょうか。
新聞でちらほら眺める事はあっても,どういうような問題が出ているのかはまともに見ていないですね。
明日の新聞に載ると思いますので,少し眺めてみるのも面白いかなと思っています。


点数はともかくとして,当時の私は「英文」と言うものを本当に理解していたのでしょうか。
「出る単」は一通り覚えました。ボロボロになるほど。
文法はいちおう浅く広く押さえたように思います。
あとはひたすら長文をやっていたような。
「やっていた」と言うのは,読んで,訳を見て,語彙を調べて,まで。
それ以上は掘り下げてはいませんでした。
英作文については,本格的な対策は講じていなかったと思います。

若さもあってか,「何となく解けている」風でいたのでしょう。
ただ,今振り返ってみると,あまり理解はしていなかったと思います。
要点を捉えるという練習は皆無だったのではないでしょうか。

それでも,受験と言う一つの関門をクリアしたという疲労感や達成感で,大学入学時が英語力のピークだと思っていました。
恥ずかしいほどの大いなる勘違いです。
そこで「自分はやらなくても出来る」と完全に,本当に100%手を抜いてしまった自分がいました。
大学の英語の授業なんて,申し訳ないけれどもお遊びのようなもので,出席さえしておけば単位が貰えました。
少しばかりの受験生時代の貯金を使うことで。

ただ,ネガティブなことばかりではありません。
やはり当時叩き込んだ知識と言うのは,今の私のどこかで役に立ってくれていると感じています。
あの時期がなければ,やはり今の私もありませんから。

これからさらに知識を重ね,色々な事を吸収して行きたいと思っています。
学べば学ぶほど,世界の広さや自分の知識のなさを感じます。
確かそんなフレーズが700選にありました。

受験生の皆さん,頑張って下さい!
私もセンター試験OBとして,今後もさらに頑張って行きたいと思います。



日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-20 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4能力を個別に鍛える 【聞く編】

読む,書く,話す,聞くの4つの能力を個別に鍛え,相乗効果で総合力を高めると言う記事を書きました。
具体的に今取り組んでいる事をまとめたいと思います。

まずは聞く能力から。

今まで実に色々な事を試して来ましたが,結局一番の近道は「ディクテーション」だと思います。
そう確信しています。
音声を聞き,正確に書き取る。
分からないところは何度も何度も聞く。
限界まで聞いて,初めてスクリプトを見る。
ああ,分からなかった個所の原因はこれだったのだ!」という悔しさ,驚き,感動。
これの積み重ねだと思います。


読めていないものは絶対に聞こえてこない。絶対に。
目で見えていないのに,耳で聞こえるなんて事があるはずがないんです。
極めて単純な事ですが,至極当然の事だと思います。


そして,分からない音を一つずつ潰していく。
間違えても間違えてもまた聞く。
もうリスニング上達の方法はこれしかないのでは,と思います。
(他にあったら逆に教えて頂きたいです)


次にどの教材を用いるか。
「自分の能力よりも少し上のものを選ぶと良い」などという意見も良く聞きます。
確かにちんぷんかんぷんの物を聞いても,逆にあまりに分かり過ぎる物を聞いても効果は薄いと思います。
分かりそうで分からない,でも頑張れば分かる。
この位の感じが良いのでしょうか。


しかし,私が用いるのは無謀にも「CNN English Express」です。
これまで何度も挑戦し,同じ数だけ挫折して来ました。
でも,あえてこの教材を用います。
「私には難しすぎるのではないか」「もっと簡単なものから積み重ねていくべきではないか」
私もそう思いました。
しかし,そこをあえてこの教材を用います。
先生にご相談したところ,既に簡単な教材を用いるのは終わり,今はこのような厳しめの教材をやって良い時期に来ている,とのこと。
私が上のように考えていたのは単なる甘えに過ぎないという事が分かりました。
確かにそうやって現実から逃げ回って,挑戦する事を避けていました。
もう逃げていても仕方ないでしょう。
それにもう逃げ過ぎて,逃げる場所も無くなりました。


年明けに購入しました。
切りの良い1月号からが良かったのですが,今月購入したものですから2月号からです。
今までも何度か見てきましたが,やはり手強いです。
これが聞けるようになったら本当に痛快だと思います。
しかし,ディクテーションは本当に地味な作業です。
コツコツと積み上げていくしかありません。


恐らく1ヶ月でこれを仕上げるのは恐らく難しいと思います。
では3ヶ月で1冊を仕上げるか?
それだと恐らくやらなくなります。
自分の事は自分が一番良く分かっています。


今回は「毎月購入し,興味のあるものだけでも最低拾い上げる」というスタンスで行きたいと思います。
この「毎月購入する」と言うのが一つのポイントだと思っています。
それがどういう意味を持つのかは分かりません。
ただ,これまでやってきた方法に変化を加える必要はあります。
まずはこれを3ヶ月続けたいと思います。


どういう効果が得られるのかを検証するのはまだ先の話です。
何を期待するわけでもなく,何にがっかりするわけでもなく。
今はただやるだけです。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-19 : 学習計画 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

読・書・話・聞の能力を個別に鍛え,総合的な英語力を養う

随分前にも書いたように思いますが(あるいは書いていないかもしれませんが),自分でもいつの事か忘れていますし,それから考えを深めた事もありますので,改めて整理したいと思います。

「英語力」とは一体何でしょうか。
「英語が出来る」と言ったとき,それはいったいどのような状態を指しているのでしょうか。

読めるけど,書けない
話せないけど,聞ける

こういう事が起き得るのでしょうか?
起き得るでしょう。いや,正しくは「そう言う事が起きていると感じる,思える」でしょう。
局所的にはそういう事はあると思います。
でもそれは誰がどうやって判定しているのでしょうか?
自分自身の事であればそのように感じ,他人の事であればそういう風に見えているだけではないでしょうか。
TOEICのスコアに偏りがある?
それはそういう事が起きているに過ぎず,それが即ち,

「読めるけど,書けない」
「話せないけど,聞ける」

と言う事につながるわけではないと思います。

プロ野球選手で,打つだけが専門の人がいます(DH)。
しかし,それは打つ事しか出来ないのではなく,キャリアを重ね,そのような役割を今は担っているだけです。
プロ野球選手であれば,子供の頃はエースで4番だったはずなのです。
一部の能力だけが秀でていると言う事はないのです。
(そしてDHは打つだけではなく,塁間を走る能力も必要)

英語でも同じことが言えると思います。
やはり「英語力」がある人と言うのは,相応に読み,書き,話し,聞く事が出来る人だと思います。

ということは。

「英語が出来る人」になろうと思った時には,やはり4つの能力を全て鍛えて行く必要があると思います。
例えば,ひたすら読解だけをやるとします。
文法を身に付け,語彙を増やし,お堅いものからソフトなものまで何でも読める。
そういう能力を身につける事は可能でしょう。
しかし,それはやはり「英語が出来る人」ではないと思います。

4つの能力を個別に鍛え,それらの相乗効果でさらに上のレベルに進む。
またそのフィールドで各能力を個別に鍛える。
これの繰り返し。
このようなスパイラルを昇っていく必要があります。
嫌いなカテゴリを避けていては総合的な能力アップは望めないのです。

私は普通の会社員ですので,読解だけ出来ても何の役にも立ちません。
総合的な能力が求められます。
最近は聞く,話すあたりのトレーニングをサボりがちです。
これではやはりバランスが悪い。伸びるものも伸びない。

オンボロ車でもタイヤは4つあります。
故障がなければまっすぐ進み,ハンドルを切れば曲がる。
スポーツカーでも,SUVでも,ワゴンでも何でもみんな同じ。
4つのタイヤでバランス良く走ります。
どれかが歪んでいればまっすぐ走る事も,思うように曲がる事も出来ません。
何事もバランスなのです。

私は今はまだまだオンボロ車ですが,いつの日か軽やかにワインディングロードを駆け抜けるオープンカーになりたいものです。

そんな事を思うのは,バランスの悪いトレーニングを続ける自分に向けての戒めなのですが。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-18 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

トレーニング時間の最適配分について検討中

早朝トレーニングを再開してから,日々の学習時間が本当に貴重に思えるようになりました。
今さらかも知れませんが。
朝はひねり出しても1時間半ぐらい。
帰宅後も同じぐらいでしょうか。
しかし,帰宅後は相当頭が疲れていますので,集中力と言う意味では限界があります。
恥ずかしながら。

帰宅後に読解やリスニングにもチャレンジするのですが,何度も同じところを読み,同じところを聞いている気がします。
かなりパフォーマンスが落ちています。
朝はあんなに簡単に読めたものが,なぜ夜はこうも読めないのだろうと不思議になるくらいです。
本当は疲れた頭でも読め,聞けなくてはいけないのですが。

あれもこれもやろうとし過ぎている気がしています。
この際,夜にやることは思い切り負荷を落として,単純作業に特化しようと考えています。
となると,やはり音読になってくるかなと思います。
音読であればあまり眠くもならず,それなりに集中力が落ちても数をこなしているうちに頭に残ります。
宿題に追われているともなれば,それなりにやる事でしょう。
立って家の中をウロウロしながらやるのも良いでしょう。
何か変化を加えないと,帰宅後の時間が非常にもったいない気がします。

一方,朝は頭脳系の作業を持ってくるようにします。
読解,ディクテーションが中心になるように思います。
今のところ読解と宿題(音読)を朝にやっていたので,この配置を変えます。

朝の部:読解,ディクテーション
夜の部:宿題(音読)

あと,通勤に要する電車の過ごし方ももう少し,いや,かなり工夫をしなくていけないと思っています。
今は何となくスマホをいじったり,疲れた時は寝たり,非常にもったいない過ごし方をしてしまっています。
座っていても眠くならないように,エンタメ系の何かを取り入れたいと思っていますが,今のところ良い案はないです。
時間を有効に過ごせるような何かを引き続き探していきます。

とにかく,時間が限られている。
最近それを痛感しています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-17 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

早朝トレーニング,再び

今のところ年初からの早朝トレーニングを継続できています。
始発から2本目の電車に乗り,会社近くのカフェに向かいます。
家だとどうしてもだらけてしまいますので。

で,まだ外が真っ暗のうちに目的のカフェに着くわけです。
以前は起きるか,まだ寝ているかという時間だったのですから本当に貴重な時間になります。
で,出社するまでの2時間前後をそこで過ごします。
ここで朝食も取るわけですから,結構な出費になります。
しかし,家でTVを見ながらダラダラと過ごしている事を考え,時間を買っていると思えば安いものです。

以前はこういう事を長い事続けていました。
しかし,震災を機にすっかりご無沙汰になってしまいました。
さすがにあの余震が続く状態では平静ではいられませんでしたので。

その後,何度も戻ろうと思い,単発でカフェに行ってみました。
が,意志がないのに続くはずもありません。

今年は年初からの強い気持ちを維持できていますので,まだまだ続けられそうです。
起きるのがツラい寒さも今しばらくの辛抱だと思いますし。
(それでも毎日がツラい・・)

これからは少しずつ夜が明けるのが早くなります。
今はまだまだ真っ暗ですが,明るい日を迎えられるのを楽しみに続けたいと思います。

それにしてもうっかりしていると2時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。
何をやるのか計画的に進めないといけません。
行く事で満足する事がないように。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-16 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

昨日の雪は大変でした。
私は夕方から外に出る用事があったので,ぐちゃぐちゃになる事を覚悟で出かけたのですが。
排水溝が雪で塞がっていたため,至る所水たまりになっていました。
避ける事も出来ないので,そのまま突入。
もちろん,そうなっても良いように運動靴で行き,替えの靴下を持って行った訳ですが。

今日は一転良いお天気になりました。
通勤途中の銀行では,朝から大勢の行員さんを繰り出して雪かきをされていました。
良い光景だなあと思いました。

会社の周りでもまだまだ雪が残っていました。
北側は帰る時になってもほとんど解けていませんでした。
全て解けるにはまだまだ時間がかかりそうです。

私も何度か滑りそうになりましたので,気をつけようと思います。
明日も氷になったところが残っていそうですので。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-15 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

成人式,おめでとうございます

 関東地方(でしょうか。広い地域にかけて)は生憎の大雪となりましたが,成人を迎えられた方につきましては本当におめでとうございます,と申し上げたいです。
電車にはこの雪にもかかわらず,着物を着た女性の方が大勢いらっしゃいました。
中にはブーツの方も。
一生に一度のことですからね。

私はどのように成人式を迎えたか。
私は小学校を高学年になって転校したため,また,地元の中学校には進まなかったため,地元に友達がいませんでした。
なので,待ち合わせをして式場に向かうと言う事がありませんでした。
免許は取っていましたので,親の車で会場に向かったのを覚えています(若葉マークを外して)。
それが良かったのかどうかは分かりませんが。

そして,大学の期末試験が近づいていたので,時間まで車の中で勉強をしていました。
身が入っていたかどうかは分かりませんが。

そして時間になり,会場へ。
悪い事はしていないのに,どこか気恥ずかしく,何となくコソコソと入場したように思います。
そしてあまり人と目を合わす事もありませんでした。
時折,昔の友達を目にするのだが,声をかける事もなく。

何となく後方の席に座り,何となく演者の話を聞いていました。
どんな話があったのかは今となっては覚えていませんが,とにかく「行って良かった」と言う事は今でも覚えています。
今でも欠席しなくて良かったと思っています。

成人すると言う事は一体どういう事でしょうか。
「選挙権を得る」
「自分の言葉に責任を持つ」
「酒,タバコ解禁」
などなどありますが,その時を迎えたからと言っても,大きく何も変わることはない。
しかし,何かを変える良いきっかけになる事は間違いない。

今年もお酒を飲んで大暴れした人はいたのでしょうか。
何となく開放的になり,大騒ぎをしたくなる気持ちは分かります。
しかし,お酒が飲める年齢になっただけであって,人に迷惑をかけて良いと言う事ではない。
そんなことは小学生でも,むしろ,小学生の方が良く分かっているかもしれない。

20歳。若い。素晴らしい。本当に若い。
これからどんな事だって出来る。もちろん,努力次第で。
そして,努力をする時間も十二分にある。
本当に素晴らしい事だと思います。
何事にも代え難い。

私がもし20歳に戻れるのなら・・なんて事は言わない(言いたいけど)。
今しか出来ない事が絶対にある。
そして,その時にはもう絶対に戻れないと言う事も分かっている。
これは幾つになっても同じ。
だから,今を大切に生きなくては行けない。

自分の目標のため,夢のために頑張れる。
こんなに素晴らしい事がありますか。

成人の皆さんを見て,自分もまた気持ちを新たにしようと思う雪の日。


日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-14 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

読解力を改めて鍛えることにする(Pre)

昨年,2回ほどTOEICを受けていました。
きっかけは忘れてしまいましたが,久し振りに受けてみようと思ったのでしょう。
左側の表示も含め,改めて振り返ってみようと思いますが,結果は私には驚くべきものでした。
何とリスニングが過去最高(450点)を記録したのです。
対策を何ら講じていないのに,です。
(時間があるときに,イヤフォンで音源を聞くぐらい)

この要因は何だろうと考えてみました。
一つ考えられるのは,学校Zで鍛えられた「反射神経」ではないかと言うことです。
普段から黙読や音読を可能な限り高速でやるようになっていました。
それが英語を受け入れるキャパシティーを広げてくれたのではないかということです。

しかし,一方でリーディングが下がりました(420点)。
自分としてはRの方が自信があったので,これは意外でした。

LとRを総合して振り返ってみると,以下のようになります。

(Listening)
・試験中に「飛ぶ」事が何度かあったのだが,まだ心理的に余裕がある。追い込まれてはいない。
・それなりの対策を講じればまだスコアを上げられる余地がある。
・具体的に何をするかはこれから考える。

(Reading)
・時計と睨めっこで時間的な余裕は全くない(2回とも本当にギリギリ)。
・前半は快調だったが,後半で相当時間をロスした。
・本屋で参考書を立ち読みなどしてみると。実は前半(Part5)もあまり出来ていないようだ。
・長文で時間を使い過ぎている。


私は元々R>>L編重型の人間であり(スコアとしても,実感としても),これが逆転した時が一つの転換点ではないかと考えていました。
学校Zに1年間通い,それが変わりました。逆転現象が起きました。
2回受けて2回とも同じ傾向が出たので,そう考えて良いのではと思います。
自分でも分からないうちに,自分の中で何かが変わっている気がしています。
トータルスコアは通学前と変わっていませんでしたが,前回は思い切り対策を講じたことと,今回LとRが逆転したことを考えると,私には非常に嬉しい結果となりました。

しかし,結果には全く満足していません。
まだまだ余裕があると思っています。

では,どうするか。
Lは何もしていなかったため,ディクテーションをルーチンワークに取り入れたいと思います。
世の中には色々な手法,ツールがありますが,今のところ地味なディクテーションこそが最善の方法というのが私の結論です。

一方でRは何とかしなくてはいけません。
特に長文で落としている(だろう)のは何の言い訳も出来ません。
やはり「読めていない」のではと思います。
日頃の速読,精読を維持し,文法からやり直したいと思います。
語彙は取れるが,文意は取れない。
こんな事がしょっちゅうあるんです。
これを何とかしない限り,一つ上には上がっていけないと思います。

実は読解対策のために昨年末からやり始めていることがあります。
これをやり遂げれば凄いのではないか・・と自分では思っています。
これについてはまた改めて記事にしたいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-13 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

継続するということの大切さ(改めて)

このブログの左側に載っている記録を見ると,昨年はほとんどブログを更新していないことが分かります。
ではトレーニングを休んでいたかというとそうではなくて,むしろこれまでよりも頑張ったと思っています。
私の「英語力」はこれまでの人生の中で一番高まっているのでは,と思っています。
では人生の中でも突出しているかというとやはりそうではなくて,自分でそう感じているだけです。
だからこそ今年は「成果」という事にこだわっているのです。
成果が出せなければ,つまりは閾値を脱していないこととなり,周囲の人から見れば何ら変わりはないのです。
これは何よりも自分自身が悔しいですし,次へのモチベーションにもつながりません。
私の踊り場生活も随分と長くなってきましたが,上の階へ進むのが今年と考えています。

ブログを更新していなかったということは,つまりはトレーニングに対しても真剣ではなかったということ。
真剣であれば,自分のトレーニングの証を公表できるはず。
それが出来なかったのはトレーニングが十分でなかったからに違いない。

ブログを更新する時間がもったいない。ブログを更新するぐらいならトレーニングをする

・・・と言うのはいったい何の言い訳でしょうか。
そんなに時間に追われているわけではなく,更新するぐらいの時間は十分にあるのです。

トレーニングをすれば,書きたいことも出てくるはず。
単純なトレーニングにアクセントを加える意味でも,今年は定期不定期に更新をしようと考えています。
内容が重複するかもしれませんが,それはそれで良し。
何事も繰り返し繰り返し行うことが大切と心得ます。


日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-12 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

欲を抑え,トレーニングに集中する

先日,「今年はTVを見るのを極力控える」という内容の記事を書きました。
これ以外に「今年は(広い意味での」物欲を断つ」と言う事を加えたいと思います。

具体的には,
・なくても困らないものを購入しない
・食べ物に執着しない
の2点です。

そして,これを以下のように広げて解釈します。

洋服やカバンは欲しいものが出てくる。しかし,購入しなくてもやっていけるものは今年は購入しない。
ただし,購入しなくても困らないが,あまりにひどい場合には購入を検討します。
(靴,財布,パソコンなど)
社会人として,周囲の目が留まらない程度に身だしなみを整える必要があると考えます。

平凡な食生活を心掛ける。
私は食べるのが好きで,それを目指して出かけて行くこともあったのですが,今年はそれを断ちます。
出かける→並ぶ→お金を使う→また戻ってくる,でお金,時間ともに浪費します。
それで浮いたお金と時間をトレーニングに回したいと思います。
しかし,食べ物については必要な栄養素は積極的に摂ります。
体が第一ですので。

さらに,節約にも心掛けたいと思います。
購入すべきものを厳選し,なるべく安く購入する。
不必要な飲食はしない。
缶コーヒーなどは飲まなくても全く困らない。

漫然とした飲み会も極力避けようと思います(これは昨年も心掛けていましたが)。
その日に留まらず,二日酔い,胃もたれで次の日への影響大です。

一方で,有益と思った事には積極的に投資をしようと思っています。
セミナーなども出た事はなかったのですが,今年は覗いてみたいと思っています。
基本ポリシーとしては節約第一とはいえ,総額では例年以上に増えるかもしれませんが,それはむしろ好ましい事と捉えます。

何かを購入しようとすると心がそちらに動き,何かを食べようとするとまたそちらに動く。
そういう動きを極力抑え,その辺は極めて平凡に行ければと思っています。
毎日をなるべく同じリズムで,何事にも一喜一憂せず,淡々とトレーニングを重ねる。
そういう年であればと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-11 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

テレビをやめる(プチ)

今年は年明けからTVをほとんど見ていません。
正月休み中は少し見ましたが,バラエティではなく,主に情報番組を見ていました。
やはりTVを見出すとどうしてもそればかりになってしまい,あっという間に時間が過ぎてしまいます。
いきなり止めると禁断症状が出そうですが,ちょうど休み期間中に体を慣らしたのでこのまま行くのが良いかなと考えています。

ネットが発達した今,TVがなくても生活に困らないのですが,以下のような目的で存在は残しておく事にします。

・副音声でNHKニュースを見る(学校のトレーニング内容に含まれている)
・災害時には情報収集のために必要(ネットでも良いが,TVの方が早い場合もある)
・政治,経済などの番組は見たい(知識の集積のため)
・大きなスポーツの試合は見たい(日本代表戦など)
・大河ドラマは見たい(特に理由はないが・・)


一方で,ドラマ(大河を除く),バラエティの類は見ないようにします。

見る・見ないの判断は,「その番組が今後の人生において何かの役に立つのか」という事を基準としたいと思います。
必ずしも当てはまるかと言うとそうでない部分もありますが,漫然と判断するよりも自分への問いかけとなるのではないかと思います。
政治討論や教養番組は見たいと思いますが,それも幅が広いために本当に役に立つと思った時にだけ録画し,1.5倍速でエッセンスだけを吸収するようにしたいと思います。

私は流される人間ですので,こうやって自分でツボを押さえておかないときりがないのです。
お恥ずかしい話ですが。
こうやって細かい所も含めて,目標到達までの足場を作って行きたいと思います。


日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-08 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

正月休みを終え、いよいよ本番

今年は少し長めのお休みを頂きましたが、それも今日で終わります。
休みとは言え、日々トレーニングは続けて来ました。
もしかしたら社会人になって一番だったかもしれません。質、量共に。
しかし、全力まで頑張ったかと言うとまだまだ出来たと思います。
いや、出来ました。
(今年はネガティブな発言を極力避け、言い切りで行きたいと思います。いや、行きます。)

この辺が私の甘いところです。
もっと突き詰めることが出来るのです。

今年は正月気分をほとんど感じませんでした。
余裕がなくなっているのかも知れません。
でも、それで良いのです。そのぐらいで良いのです。
私の場合ですが、少しの甘さが命取りになります。

休み中は時間に余裕があるため、それなりに頑張ることが出来ました。
しかし、仕事が始まってからはどうでしょうか。
日々の出来事に心理的に、時間的に左右され、なかなか思うようには進められないと思います。
帰宅後は疲れもあり、どうしても机に向かう気力が衰えがちです。
これにいかに向き合い、乗り切るか。

今年は成果を出す一年にしたいと考えています。
突っ込ま過ぎず、離れ過ぎず、何が起きても淡々と「平常心」で。
この初心を忘れないために、今年はブログの更新頻度を上げようと思います。
ブログを書いていると「ブログを書いている時間があれば~が出来る」などと変に焦ったりもするのですが、実際にそれをやっているかといえばそこまで時間に追われてはいないのです。
むしろ、そのような状態であれば好ましいのですが。

ブログすら書けないということは、既に甘さが出ているということでしょう。
何か理由を付けて書いていないだけなのです。
ただ書くだけではなく、成果を示す記録になればと考えています。

・流されない
・平常心
・成果

この辺を今年のキーワードとして、明日から頑張っていきたいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-06 : モノローグ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

2013年、明けましておめでとうございます

 今年も始まりました。
昨日も書きましたが、今年は内容、結果共にこだわりたいと思います。
プロセスがなければ結果はない、しかし、プロセスだけではどうしようもない。
結果を出してこそ、だと思います。

具体的な目標は既に決まっています。しかし、あえてここには書きません。
今年中に達成出来たらその時に始めて記したいと思います。
ええ、完全な後出しジャンケンです。でも、それで良いです。
まずはガムシャラにやること。

頭の中にはビジョンがあり、少しずつ実践に移しています。
これをどこまで徹底できるか。
あとは自分との戦いです。

なんとかやり切りたい。
この気持ちを一年間持続させたいと思う。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2013-01-01 : モノローグ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

Tim

Author:Tim
 
【自己紹介】
独学を中心として英語力の向上を図る会社員

【目標】
TOEIC:安定的な950点以上
英検:苦労しながらも1級

【TOEICスコアの推移】
2000/04 T:495(L:235 , R:260)
2003/05 T:630(L:310 , R:320)
-----------------
2007/03 T:720(L:360 , R:360)
2007/05 T:675(L:305 , R:370)
2007/11 T:735(L:340 , R:395)
-----------------
2008/01 T:720(L:340 , R:380)
2008/03 T:740(L:330 , R:410)
2008/05 体調不良により回避
2008/07 T:775(L:375 , R:400)
2008/09 T:745(L:375 , R:370)
-----------------
2009/01 T:840(L:430 , R:410)
2009/03 T:860(L:395 , R:465
-----------------
2012/07 T:835(L:440 , R:395)
2012/09 T:870(L:440 , R:430)
-----------------
2013/03 T:805(L:400 , R:405)
2013/04 T:835(L:405 , R:430)
2013/05 T:885(L:445 , R:440) *IP*
2013/05 T:900(L:445 , R:455)
2013/06 T:870(L:425 , R:445)
2013/07 T:905(L:470 , R:435)
2013/09 T:890(L:430 , R:460)
-----------------
2014/10 T:845(L:445 , R:400)
2014/12 T:890(L:465 , R:425)
-----------------
2015/01 T:885(L:445 , R:440)
2015/02 T:875(L:425 , R:450) *IP*
2015/03 T:895(L:455 , R:440)
2015/04 T:920(L:455 , R:465
2015/05 T:885(L:480 , R:405)
2015/06 T:885(L:430 , R:455)
2015/07 T:885(L:430 , R:455)
2015/09 T:870(L:440 , R:430)
2015/10 T:890(L:470 , R:420)
次回受験は未定

【英検1級の受験結果の推移】
2011/01 41/77(不合格B)
2011/06 46/79(不合格B)
-----------------
2012/06 56/78(不合格B)
-----------------
2013/06 70/78(不合格A)
2013/10 56/78(不合格B)
-----------------
2015/01 60/77(不合格B)
2015/06 1次試験:84/82 合格
2次試験:49/60 不合格A
2015/11 2次試験(1次免除):49/60 不合格A
2016/02 2次試験(1次免除):60/60 合格
-----------------

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

来訪者様

2007/1/7~

Links

ブログ内検索