通勤電車のちょっと怖い紳士

通勤時,いつもと同じ場所にスキンヘッドのちょっと怖いオジサンが立っていました。
咄嗟に「怖い」と思い,別の車両に移動しようとしたところ,ペーパーバックのようなものを読んでいることに気づきました。

興味を持って後ろからさり気なく拝見したところ,どうやら単語帳のようでした。
ますます興味を持って,近寄って見てしまいました。

すると,単語帳というよりは熟語帳のような感じでした。
ますます興味が湧きました。

電車が来て,乗り込みました。
もちろん,人並みに流されるような感じで,その紳士に近づきました。

熟語帳?を見ると,相当に年季が入った本であることが分かりました。
カバーは無いのですが,とにかくボロボロで,手垢にまみれた本でした。
どれだけやり込んだたらこんな風になるのか,想像もつかないほど。

本のタイトルが見たくて何とか背表紙に目をやるのですが,結局降りるまでには分かりませんでした。
内容は少し見ることが出来たのですが,相当難しい内容でした。

改めてその紳士の方を拝見すると,シャツやネクタイはパリッとしており,重たそうなカバンを右手で,左手でその熟語帳?のページをめくっておられるのでした。
そのスタイルは昨日今日のものではありませんでした。
察するに,普通のサラリーマンが英語学習をしているのではなく,恐らくはプロの通訳か何かではないかと。
その鞄の中にはクライアントの資料が入っており,思いにも関わらず地面に置くわけにはいかないのではないかと。
会議通訳ではなく,重役の横で張り付く方なので身なりもパリッとしているのではないかと。
そのような勝手な妄想をめぐらしておりました。

いつもと変わらぬ通勤時でしたが,大変良い物を見せて頂きました。
いつもより少し早い時間の電車でしたが,また狙って乗ってみようと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-31 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(読解編,その2)

前回は,VOA等の比較的短く,文章として完結しているもので目慣らしをする,というところで終えました。
すると今度は長い文章への慣れが必要になって来ますが,ここでもやはり過去問です。
私はこの過去問を疎かにしてしまったので合格まで時間を食いましたが,特に読解では過去問の深掘りが得点アップに近づくと思います。
どこが穴埋めになっているのか,選択肢はどのように作られているのか,過去問を探求して問題へ慣れていく事が必要だと思います。

私は過去問対策を疎かにしたものの,合格することが出来ました。
その方が真の英語力と言えるのでは?
この問に対しては,私はNoと断言できます。

私は何となく正解を選んだに過ぎません。
今受験したら合格することは出来ないでしょう。
それよりもまず,どんな文章であっても何が書かれているのかをしっかりと見極め,正しく解答を選ぶ。
この訓練をする必要があります。
過去問の深掘りはそのうってつけの練習だと思います。

そしてその段階で分からない文法は調べ,語彙を整理し,音読もする。
同じ問題が出されたら必ず正解できるようにする。
これを怠ると合格が遠のきます。

短中文で目慣らしをした後は,過去問を研究する。
これをその2としてまとめておきます。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-30 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(読解編,その1)

語彙を通過すると,次は長文が待っています。
長文は「空所補充」と「内容一致」に別れますが,受験当初はそんなことは良く分かっていませんでした。
とにかくうんざりするような長文が幾つも並んでいて,「読む」というよりは「見る」だけで嫌になってしまいました。

長文を読むのが苦にならない人は良いのですが,私のようにギリギリレベルの場合は,まずは長文を読む事に慣れる必要があります。
問題を解く以前に長文を読む体力が必要になります。

では何をどのように読めばよいのか?
その前に,長文は短文の連続とも言えますので,まずは短文を読む必要があります。
短文でも難しい物がありますが,1級レベルだと文法が分からないので意味が取れない,という文章はさほど多くないと思います。
あったとしても,問題が全く解けないということはないと思いますので,ここでは文法には触れません。
高得点を狙う場合には,文法を正しく身につけることが必要になることは言うまでもありません。

短文と言っても文章だけを読んでも体力は付きませんので,ある程度長い文章を読む必要があります。
読み物として完結している文章が良いです。
無料で入手できるものとしては,VOAがあります。
これは常に更新されていますし,自分でジャンルを選ぶことが出来ますので,様子見には調度良いです。
まずはこの辺の文章を読み,目を慣らすという事から始めていくのが良いと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-29 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

只管朗読プロジェクト,始めます

 今年は目標を特に定めずに学習を進めています。
特に「聞く」という弱点を克服することが目標です。
とにかく自分は聞けていない,ということが良く分かりました。
そのために英語を大量に体に入れ込むにはどうすれば良いか,と考えていました。

その答えが「只管朗読」です。
中学教科書レベルの教材を何百回と音読するというものです。
自分のこれまでの学習を振り返って,ここまで何かを繰り返したというものがありません。
DUO3.0がそれに一番近いのですが,この只管朗読を知る前でした。
今思うとやり込みが足りなかったかなと思うぐらいです。

中学校の教科書を見てみましたが,大きい上に,1ページの分量が少ないので非常に使いにくいです。
なので,代替の教材を探していたところ,前から気になっていた「ぜったい音読」シリーズを思い出しました。
既に「挑戦編」は購入していたのですが,積ん読になったまま。
改めて「挑戦編」を眺めたところ,非常に難しい・・
なので,一つ下のレベルの「標準編」から始めることにしました。

実は続くかどうかの確認のため,テスト的に音読を始めています。
英文が易しいため,スラスラ読めます。
じゃあこれが口を突いて出てくるかというとそうはいかない。
なるほど,これを数多く音読するということか。

4月から年末にかけて,500回の音読を目指します。
12章構成で全48セクションあるので,延べ48x500=24,000セクション分の音読量になります。
1ヶ月あたり2000セクション,1日あたり約70セクションですか。
テストを始めているので分かりますが,毎日欠かさず続けるとするとこれは結構な分量です。
1日サボるとすると,それが次の日に回るわけですからこれは大変なことになります。
でもやってみよう。
これを完走出来たら大きな自信になると思います。

「只管朗読」なるものが一体どのようなものなのか,自分自身で体験してみたいと思います。


・・・と書いたところで,何かおかしいと思ったら計算間違いをしていました。
延べ24,000セクションありますが,今年は残り9ヶ月しかないので,1ヶ月あたり2,666セクション消化が必要になります。
(1年=12ヶ月で計算していました・・)
となると,1日あたり約90セクションですか。20回ほど増えてしまいした。
テストを始めていますが,これは結構な数字です。

しかし,四の五の言わずにとりあえず取り組んでみます。



日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-28 : 只管朗読プロジェクト : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

あなたの趣味は何ですか?

「ご趣味は?」と聞かれた時に,私には即答できるものがありません。
英語学習は趣味と呼べるのかどうか分かりません。
切羽詰まってやっていることもあり。趣味ってもっと楽しいものかなと思いますし。

旅行も好きですが,趣味と呼べるほどは行ってないし。

読書も好きですが,最近は読むと寝てしまうことも多く。

スポーツ観戦も好きですが,専らTV観戦なので趣味と言うにはちょっと。

寝る事も好きですが,これを趣味としてしまうのはちょっと悲しい。

と考えると,私には趣味がないように思いました。

前々からやってみたいこととして,ランニングやサイクリングがあります。
初期投資以外にはお金もあまりかからないでしょうし,体を動かすことにもなる。
凝りだすとレースやウェア,シューズ等にもお金がかかると思いますが。
でも,日常的に楽しむ分だったらそんなでもないかなと。
平日はあまり出来ないでしょうが,これは他の趣味でも同じ。

ちょうどこれから暖かくなります。
まずは今持っている運動靴で軽いジョギングぐらいから始めてみようかなと思っています。
いずれはマラソンぐらいまで頑張って,いつかは東京マラソンとか。

何をするにしてもまずは始めてみること,そして細く長く続けてみること。
これが大事なんだなあと思った次第です。

辛くならない程度にやってみようと思います。
(断言できないところが少し弱気)

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-27 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ネイティブっぽい,とは

 昨日,英語での会議に参加させて頂く機会がありました。
発言もする機会がありました。

何度かこれまでにも触れていますが,私の非常に悪い癖は「まくし立てること」です。
正確には,自分ではまくし立てていると思っているのですが,相手にはそんなでもないと思います。
やたらとテンションが上がり,知っているフレーズを並べ,反応が良く分からないので同じことを何度も言う,という感じです。
本当に英語が出来る人は,適度な速度で話しています。
私はやたらめったら「速くしゃべろうとする」のです。

何ででしょうか?
きっと心のどこかでそれが良いと思っているんでしょうねえ。
速く話す=ネイティブっぽい,と勘違いしているんです。
それは違うと分かっているのに,テンションが上がりだすとそうなってしまうです。

この悪い癖,早く直さないと。
オンライン英会話を活用して,自分のペースで話すということを練習したいと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-26 : 英語日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

花金 & 給料日

今日は金曜日です。そして,給料日。
特に予定はないのですが,嬉しいです。

以前はジャンクフードを買い,録画した映画を見ながらビールを飲み,いつの間にかソファで寝ているというのが何とも幸せな事だったのですが,最近はそんなことは出来ません。
ですが,やはり家で冷えたビールをグイッとやるのは何とも言えない楽しみです。
最近は特に趣味らしい趣味もないのですが,そのぐらいやってもバチは当たらないでしょう。

趣味といえば,暖かくなったらジョギングかサイクリングかを始めてみたいなと思っています。
お腹を引っ込めたいというのもありますが・・
生涯スポーツとしても良いのでは,と思っています。

取り留めがなくなりましたが,春はもうすぐかなあと思っています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-25 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(語彙編,その2)

前回,パス単(アプリを含む)が有効であるということについて触れました。
そのやり方についてもう少し説明を加えておこうと思います。

パス単は,実は前の版から持っています。
この時は意味不明な単語の羅列で,本当にウンザリしました。
年末の大掃除の際に見つけて,捨ててしまいました。
今の版は体裁も変わり,例文も見やすくなり,少しはとっつきやすくなっていると思います。
それでも初心者には意味不明な単語が並んでいることに違いはありません。

いくら自分が1級を目指すという立ち位置を確認したとしても,正直この意味不明単語群を見るとやる気が削がれます。
「こんな単語は本当に要るのか!!」とまた逆ギレ生活に戻りそうになります。
「ネイティブでも使わないぞ!」などとまた言いたくなります。

この気持ちは良く分かります。
しかし,良く良く身の回りを振り返ってみると,結構これらの単語って使われていることに気づきます。
自分の世界が狭く,単にその事実を知らないだけなのです。
確かに日常生活では使わないかもしれませんが,それは日本語でも同じです。
ニュース番組などを見ていると,難しい単語がバンバン出て来ます。
それを日本人が全て知っているかというと,そうでもないでしょう。
英語でも同じことが言えると思います。

なので,余計な感情は入れずに,パス単は合格へ導いてくれる1つのツールと割り切り,淡々とやるのが良いでしょう。
その際,以下の「桜蔭の女の子」という記事を何度も読み返しました。
http://ameblo.jp/getwinintest/entry-11379509883.html
今でも折りに触れて読んでいる記事です。

とにかく,覚えようとはせず,数をこなしていくうちに頭に入ってくる,というのがポイントのようです。
パス単は覚えようとすると本当に嫌になっちゃうので,読み物としてぐるぐる回す。
他の分野をやっている合間に,なるべく目にするようにする。
このぐらいの軽い気持ちでやっていくのが良いようです。
私もギリギリ合格出来た際にはだいぶ力が抜け,「忘れて当然」ぐらいの気持ちで回せていました。
もちろん,それでも「何で覚えられないんだ!!」と自分に怒りをぶつけていた時もありましたが,それでも結局はぐるぐる回す他はないのです。
そしてそれが近道なのです。

こんな感じで語彙対策をしていました。

まとめると,
・パス単(アプリを含む)は有効
・熟語の効果的な対策は今のところ見つかっていない
なので,考え過ぎない
・ボキャビルは他の学習と平行して,力を抜いて行う
覚えようとせず,周回を重ねることに注力する

といった感じになるかと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-24 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(語彙編,その1)

自分の立ち位置を確認した後は,あとはやるだけです。実に簡単です。
コツコツやれば,いつかは合格出来ます。

・・という内容の記事を私はウンザリするほど見て来ました。
「だからそのやり方が良く分からないんだ!」と一人で逆ギレしていました。
なので,同じように困っていらっしゃる方のために私なりに丁寧に記録を残していきたいと思っています。
そもそも,英検1級志望者でそのような方は少ないのかもしれませんが・・


「英検1級は語彙だ」というのは良く目にします。
確かにその通りだなとも思います。
それはなぜか?

短文ですので,1級の中では読みやすい。
そして,知っているか知らないかなので,問題として単純。
なので,ある程度時間をかければ正解不正解が判別できるようになる。
したがって,点差が付きやすい。

という事でしょうか。
英検初心者でもここである程度点を稼げれば,合否ライン近くまで持っていくことが出来る。
初心者であればここで稼がないと後がキツイ,とも言えます。
難しい読解や,速いリスニングで挽回というのは中々難しいものです。

語彙は単語と熟語に分かれます。それぞれの対策が必要と思います。
まず単語は語彙本でやるか,単語帳を自分で作るかに二分できると思います。
これは好き好きですが,英検には「パス単」なるものが用意されているので,これをやらない手はないでしょう。
実際,私もパス単をある程度頭に突っ込んだので,合格時には20点を超えることができました。

合わせて「パス単アプリ」も活用しました。
あまり使い勝手が良くないので,改良を希望したいところが多々あるのが残念なのですが,これも使わない手はないです。
単語を登録できるので,即座に意味が出てこない単語は登録して,追い込んでいきます。
ある程度追い込んだら一旦登録を解除して,再登録していきます(怪しい単語を拾い直すため)。
ひたすらこれを繰り返していきます。
音声も付いているので,歩きながら聞くこともできます。

また,Web,新聞,雑誌等を読み,分からない単語をマイ単語帳に登録していく,というやり方もあると思います。
私も何度も何度も挑戦したが,ズボラな私には向いていないようでした。
おかげで,家には単語帳用に買った色々な種類の小型ノートや,縦に長いノートがたっくさんあります。
結局,1ページ作るか作らないかで放り出してしまいました。
全く向いていなかったようです。
買ったノートは音読筆写用に転用していきたいと思います・・


さて,単語のほかに熟語も4問あります。これも丸々捨てるわけにはいきません。
こちらの対策は私には語れません。なぜなら,ほとんど山勘で解いたためです。
これは日頃目にしている文章から,感覚的に選んでいくほかはありませんでした。
パス単にある熟語は頭に入れますが(私はあまり入っていませんでしたが),あまりそれ以外で時間を使わないほうが良いのでは,と思っています。
その分は単語,又は他の分野に回していく方が効率的のように思います。

だいたいこんな感じかと思いますが,次回にもう少し整理したいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-23 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

桜が開花したそうです

東京でも開花宣言がなされたそうです。
確かにこの週末は暖かでしたから。

開花から1週間ぐらいで満開を迎えるそうですが,来週は少し冷え込むようですので,今年は花が長持ちしてくれそうです。
そうなると楽しみも増えるというものです。

桜が咲き終わると,いよいよ4月に突入します。
早くも今年も3ヶ月が過ぎようとしているんですねえ。
本当に早い。

暖かくなってきたら少し体を動かそうと思っています。
ここのところ,食生活も生活リズムも乱れ気味だったように思います。反省。
やはり心身共に健康でないと,自分がやりたいことも出来ないので。

そして頑張って4月を乗り切れば,GWがやってきます。
夏休みは暑いし,冬休みは寒い。
やはりこのGWは1年の中でもっとも楽しみが多いお休みであると思います。

目の前のことを乗り切る活力として,少し先のことを考えてみました。
また仕事が始まります。
まずは目の前のことをしっかり片付けていきます。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-22 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(再度心構え)

 過去問に1回分挑戦することで,英検1級がどのようなものか,大凡は把握することが出来ます(エッセイの採点規準,2次試験を除く)。
ギリギリ合格を目指すような場合,まずここで打ちのめされます。本当に嫌になります。
「こんな試験合格できるか!」とか,「自分には必要ない」とか,「やっぱりTOEICの方が良い」とか,色々な感情が湧き上がってきます。他にもあるかもしれませんが。

私の場合,1回目:41/77,続けて受けた2回目:46/79でしたので,合格点には遠く及びませんでした。
本当に嫌になりました。
なので,3回目はその1年後に受けることになりました。
あまりに嫌になってしまい,TOEICからも遠ざかりました。
英語学習そのものが嫌になってしまったのです。

こうなってくると本当に何もかもがもったいない。
この「嫌になり,距離を置いてしまう」という状況は,学習にとっても最も良からぬことの1つであると言って良いと思います。
まさに「継続は力なり」なのです。「継続こそが力になる」と言い換えても良いかもしれません。

過去問を解いて「意外とイケる」「ナニクソ!」と感じればそのまま進めばよいでしょう。
しかし,私のように「ダメだ・・」となってしまった場合にはどうすれば良いのか?
そんな時は余計な感情を全て捨てて,準1級にすれば良いのです。2級でも準2級でも全く構わないのです。
あるいは別の試験にしても良いですし,その時が来るまで受験を暫く控えても良いのです。

ただし,モチベーションを失わぬまま,という条件付きですが。

とにかく,細々とでも続けることが大切なのです。
捲土重来を期して,実力を蓄えるために勇気を持って一旦は後方へ下がる。
そして,その日が来るまでじっくりと,着実に力を付ける。
この事こそが合格への近道であると言えます。

近づかない,でも決して離れない。
自分の立ち位置をしっかりと確認する。

自分の立ち位置が決まったところでどうしていけば良いのか。
それを次回にまとめたいと思います。


日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-21 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

 今年もこの季節がやって来ました。
桜です。
特にお花見の予定もないのですが,毎年本当に楽しみです。

先日,通勤電車の中から桜並木が見えました。
今まではとてもさびしい風景だったのですが,全体的に蕾が膨らんできて,木にボリューム感が出ているんですよね。
全体的に「ボワッ」として来ています。
もちろん開花はしていないのですが,このボリュームが出て来た感じが何ともいえません。
もう少ししたら咲き始めるでしょう。
そして咲き始めたら一気です。
あっという間に満開になり,そして散る。

この風情が何ともいえません。
毎年の楽しみです。
満開の桜,その後の桜吹雪を楽しみに待ちたいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-20 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(分析)

前回の記事で,英検合格への最短の道は過去問をやり込むことであると書きました。
ではどうやり込めば良いのか?

まず,旺文社から出ている過去問を購入します。
過去6回分(2年分)が販売されているので,これを求めます。
書店でもamazonでも,どちらでも良いです。同じものが買えます。
ヤフオクやブックオフ等でも良いかもしれません。特に1級は私のような受験者から出た綺麗なものが手に入る可能性が高いかも知れません。
英検のHPにも過去数回分が掲載されていますが,解説がありませんのでギリギリでの合格を目指す方向けではありません。
出費を惜しまず,これを購入することが合格への第一歩でしょう。

購入後,いきなり問題を解くことはしません。
まず,1級とは一体どういうものかということを把握します。
そうすると語彙問題があり,読解問題があり,作文があり,リスニングがある,と大体このように理解することが出来ます。

そして,それぞれの配点を見ます。
さらに,過去の合格点をネットで調べます。
すると,回にもよりますが,大体7割程度が合格ラインであるということが分かってくるはずです。
逆に言えば,3割程度は捨てても合格できるのです。

過去問を購入し,試験概要の把握だけでも相当意味があると思っています。
私は英検1級のイメージや実際に見てみた難しさばかりが目に入り,恐れ慄いて自分から距離を取ってしまいました。
いきなり「ダメだ〜」と諦めてしまいました。
「語彙はネイティブでも分からない問題多数」「実際には使われていない」などの情報を見聞きするのは止めましょう。
現実だけをしっかり見据えることが大切です。

過去問は実際に出題された問題ですので,これをいきなり見ることはせず,実力をつけた後に腕試しで使うのが良いという意見もあります。
そういう考えも理解出来ます。
過去問は限られていますので,大切に使うのも良いでしょう。
しかし,少なくとも1,2回分は最初にトライするのが良いと思っています。
まず試験の全貌を見ないと対策が立てづらいからです。
そして,最近はさらに昔のものもネットで購入することが出来ます。
問題が足りなくて困る,という可能性は恐らく低いと思います。
もしそうなってしまった場合には,市販の問題集に移行すれば良いでしょう。

とにもかくにも,
・過去問を購入する
・英検の概要を知る(構成,配点,合格点)
・1回分は試しにやってみる。

といったところが今回のまとめになります。



日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-19 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

次の目標が見つかりました

 英検1級の2時試験を受けてから,暫く自分探しの旅に出ていました(大袈裟)。
色々考えてきましたが,ようやく次に進むべき道を見つけました。

それは,

英検1級合格

です!
なんと!

自分の置かれた状況,これまでの経験,未来への希望,色々考えた挙句,やはりこれが一番良いだろうということになりました。
正直,TOEIC990点満点も考えましたが,その先に何があるのかがイメージ出来ませんでした。
一方の英検1級は,それがもう少しクリアに見えるのです。

ただ,既に取得はできていますので,単なる合格を目指すのでは面白くありません。
合格ラインを気にしなくてよいほど余裕があるスコアでの合格を目指します。
もちろん,2次試験も同じです。
1次,2次共に余裕を持って合格することを目標とします。
その先にはもう少ししっかりとした英語力を持てている自分がいると想像します。

そのために,いきなり試験対策をすることはしません。
それはもう少し先にしておきます。
当面は大量の英語を浴びること,発することを目標にしようと思っています。
今まではそれが圧倒的に足りなかったように思います。
まずはその環境に慣れることから始めたいと思います。

目標を見失って迷子になっていましたが,ようやくすっきりしました。
リハビリも兼ねて,またここから少しずつ始めていきます。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-18 : 学習計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英語会議

英語での会議に参加させて頂く機会がありました。
また,発言の機会もありました。
発言はするものの,ディスカッションにはならないですね・・
まくし立てられると終わりです。
トンチンカンな事を答えてしまい,隣の人に直されたり。

休憩時間もまた辛いです。
あちこちで楽しそうな会話が繰り広げされているのに中々入っていけないですね。
最初の一言二言は良いのですが,その先が辛いです。
ランチの時もかなり辛かったです。
フリートークが一番きついですね。
もしかしたら日本語でも厳しいのかもしれませんが。

聞けているのか,聞けていないのか,良く分からないような感じ。
この感覚からは脱したいですねえ。
日本語だとどういうニュアンスかほぼ完全に分かります。
しかし,英語は分かりません。なので,推測が入ってしまいます。
これが本当はいけないのですが。

リスニング,修行しないといけませんね。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-17 : 学習一般 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

図書館で本を受け取りました

 予約した本を受け取ってきました。
昨日は休館日でしたので,実質1日で取り寄せて頂けました。
有難い限りです。

最近の図書館は凄いですね。
自動貸出機に加え,何と除菌ボックスもありました。
どこまで効果があるのかは???ですが,一応使ってみました。

貸出期間は2週間です。
子供の頃にはよく図書館に連れて行ってもらったものですが,久し振りにワクワクしています。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-16 : 学習一般 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(事前準備)

前回は目標設定について(偉そうに)述べました。
自分が何を目指しているのかをハッキリさせないと,学習途中で迷子になります。
もちろん,目標の修正はあって良いと思いますが,ブレとは裏腹ですので,出来れば決めたらその通りやるのが望ましいとは思います。

1級に設定した場合,やはり合格への近道は過去問です。これは鉄則です。
どんな試験でも恐らく間違いなく共通のルールだと思います。
過去問が再度出題された時,自身を持って,間違いなく答えられるか。瞬殺できるか。
そのレベルまで持っていくことが非常に重要だと思います。

TOEICと違って,英検は過去問が公開されています。
これをやらない手はありません。
私はあまりやりませんでした。なのでこんなに苦労しました。
なぜやらなかったのか?
単に試験が苦手だからです。
家でもストップウォッチで時間を測ると,変に緊張し,息切れがします。
病気なのかもしれません。
この病気を克服することなく,自分のスタイルを押し通してしまいました。
なので,必要以上に遠回りをしてしまいました。
過去問が合格への近道であると分かっていながら,わざわざ遠回りをしてしまったのです。

誓って言えます。
英検で目標の級に合格したいのであれば,その級(下から始める場合はそれも)の過去問を徹底的にやり込むことです。
これなくしては合格は遠のき,時間とお金とを無駄に費やすことになります。

では過去問をどのようにやればの良いのか?
私の苦い経験に照らしながら,次の記事でまとめたいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-15 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

図書館に行きました

 最寄りの図書館に行き,利用カードを発行してもらいました。
公共の施設というのは不親切なイメージが強かったのですが,大変丁寧にご対応を頂きました。
有難うございました。

さて,なぜ利用カードを発行して貰ったかというと,ネットでたまたま見ていたら,絶版になった本があるということが分かったためです。
再学習開始直後にamazonのほしい物リストに入れていたのですが,「英語教師のための効果的語彙指導法」というのが見つかりました。
本館から取り寄せて貰う必要がありますが,諦めていた本に出会えて驚いています。
メールの履歴を辿ったところ,2007年に楽天ブックスから購入しようとした形跡がありました。
2006年発売にも関わらず既に絶版のようでしたが。

しかし,今となってはなぜこの本を買おうと思ったのかは全く思い出せません。
でも,この機会に覗いてみようと思います。
さらに調べてみると,「やさしいビジネス英会話」もありました。こちらも恐らく絶版のはずですが。

これまでほとんど利用機会がありませんでしたが,新しい発見がありました。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-14 : 英語日誌 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法(心構え)

新しくカテゴリを作成し,やや自虐的な名称を付けてみました。
最初は「英検合格への道」としたのですが,削除キーで戻り,「英検1級にギリギリで合格する方法」としました。
英検1級にギリギリでも良いので合格する方法」がより正確かも知れません。

「合格する方法」はまだ良く分かりませんので,何とかしがみついた方法を残して行きたいと思います。
同じように1級を目標とされている方に何らかの形で参考になれば幸いです。

最初は「心構え」としました。
1級を目指すからには何らかのきっかけがあるはず。
私の場合は英語学習者としての単純な憧れからでした。
どうせ英語学習をするなら,1級が欲しいという理由です。
TOEICで900点を取得できたのを期に英検にシフトしました。

少し脱線しますが,別に必ずしも1級でなくても良いと思います。
準1級でも,2級でも3級でも全く構わないのです。
自分が一体何を目指しているのか?
ここをしっかり見据えることが実は一番大事な事かと思います。
私の場合は1級が欲しかったので,準1級は未受験のままです。

ただ,やり方としてこれが良かったかというとそれは疑問が残ります。
もし1級を目指すのであれば,まずは準1級,場合によっては2級の準備をしっかりやることが合格への近道ではないかと思います。
私の場合には背伸びをし過ぎました。
1級を目指し,1級の過去問をやりましたが,あまりの難しさにげんなりとしました。気持ちが折れました。
そして気持ちが離れました。
離れた気持ちを戻すのは容易ではありません。ここにエネルギーを使い過ぎました。

ある級を目指すにはそれより1つ,又は2つ級を下げ,そこを徹底的に練習して足腰を鍛える。地固めをする。
そして1つ級を上げる。出来れば下げた級で受験をする。
全く独立した試験ならそうはいきませんが,下で培われた知識は上の級でも必ず役に立ちます。
欲しい級ばかり目指してそこでもがくよりも,級を下げて実力と自信を付けることは非常に大切だと思います。
ある程度時間が必要ですが,これが欲しい級に合格する1つの秘訣ではないかと思います。


「急がば回れ」
まさにこの通りだと思いました。

1級(目指す級)に合格するためには,
・自分がどこを目指しているのかをはっきりさせる
・準1級,又は2級相当(1つ,又は2つ下の級)の練習をしっかりと行う
事が合格への近道であると言えると思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-13 : 英検1級にギリギリ合格する方法 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

資格か,肩書か,両方か

栄光のTOEIC990点か?

英検1級連続合格か?

さらなる英語資格取得か?

会社員として密かに実力を蓄えるのか?

どの道に進むべきか?

何となく方向性は見えつつありますが,まだ決めきれずにいます。

真の実力があれば全て一気に叶えられることは明白。
ただ,そのプロセスに迷いが。



日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-12 : 学習計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

「あの日」から5年

震災から5年が経ちました。

もちろん,あの日の事は良く覚えています。
あの揺れは決して忘れられません。本当に怖かった。

会社から長時間かけて歩いて帰りました。
コンビニから食べ物が消えました。
携帯電話は繋がらない。
公衆電話には長蛇の列。
TVでは信じられない光景。
いつまでも続く余震。
余震が続く中,オンライン講義を受けていました。

それまでには考えられなかったことが沢山起きました。
日本は本当に大丈夫なのか,と真剣に考えました。

あれから5年。
この間,私と私の家族には良いことがありました。
しかし,そうじゃない方々もまだ大勢いらっしゃる。
犠牲になられた方,行方不明の方,そのご家族の方。

近頃,私は口だけで何もしていません。
せめて募金ぐらいはと思いつつも,中々行動には移せず。
新聞で目にしましたが,まだまだ沢山の募金が寄せられており,募集期間を7回ぐらい延長したとか何とか。

正直,当時に比べると私の心の中で「風化」がなかったとは言えません。
いえ,あったと思います。全く否定できません。
でも,気持ちは忘れていませんし,これからも何が出来るかは考えていきたいと思います。

次は何をやろうか,などと時間をかけて考えられるのは本当に幸せです。
試験に落ちたこともまた幸せ。受けられた幸せ。

この日本に大震災が本当に起きたということと,そして今,平凡な日常を送れることの有り難さを忘れずにいたいと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-11 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級にギリギリ合格する方法

 少し前から考えていたことなのですが,英検1級にギリギリ合格する方法でも書き残しておこうかなと思っています。
楽々パス出来る方の姿勢は素晴らしいと思いますが,私のようにスレッスレで合格する方法もまた貴重なのではと密かに思っています。
こんなブログですのでほとんど世の中には出回らないのですが,自分の中で感じたこと,体験したことを書き残しておくのも悪くないかなあと思っていたりします。

今天井を見上げて考えていたのですが,結構書けるような気がしています。
苦闘の歴史というよりはいかにサボりながらも前に進むか,というような内容になりそうな気がしていますが。

気が変わらなければ少しずつ書いていこうかなと思っているところです。
思い切り自己満足の世界です。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-10 : 英検 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

TOEIC990点を目指す!?

自分探しの旅に出ています。
といっても普通に出社し,普通に帰って来ていますが・・
通勤時や仕事中のふとした時間には,ちょっとした旅に出ています(単なる妄想)。

TOEICは900点を超え,英検は幸運にも1級に合格出来た。
じゃあ次の目標は?
まだ答えが出ないでいます。

TOEIC990点には憧れます。正直。
会社では1級以上に圧倒的な破壊力があります。
しかし,そこまでメンタルが耐えられるか・・

じゃあ他には何があるのか。
結局何を選んでも同じかなという気もしています。
それなら破壊力のあるTOEICじゃないか・・とまた同じことを考えています。

今週末に大きな本屋を再度覗いてみます。
田舎なもので,足を伸ばさないと参考書が見られないのです。
地元の本屋さんは品揃えが少なく。
そこでモチベーションを掻き立てられるような何かが得られれば良いなと思っています。

悩んでいるなら音読せい!とも自分で思いますが,過去の経験から少し時間をかけたいのです。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-09 : TOEIC : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

私は仲間が欲しいのだろうか?

独学を続けていると,ふとした時に迷子になることがあります。
自分は一体どこに位置しているのだろう,と思うことがあります。
そんな時,「ああ,自分はTOEICは900点弱だ」,「ああ,自分はギリギリ英検1級レベルだ」と思うわけです(後者はつい最近のことですが・・)。
で,自分が何をすべきかを問い質すわけです。
しかし,この時間が非常に無駄です。

やることは決まっていて,ひたすらそれをやれば良いのに,その意義だとか目標だとかを考えなおし,自分を納得させ,それから学習に向かうわけです。
学習中も「これは本当に意味があるのか」などと無駄なことを考え始めてしまうのです。

そんな時,「仲間がいればこんな事も考えなくて済むのかなあ」と思ったりします。
残念ながら私にはface to faceで話ができるような学習仲間はいません。
なのでブログ等を通じて意見を仰ぎ,図書館やカフェ,ファミレスに同じような人を探しに向かうのです。

学習は本来一人でやるべきもの。
プラス,仲間がいれば刺激し合える,競い合える。

仲間が欲しいかと聞かれれれば欲しいかなと思いますし,でも,それに甘えてもいけないかなと思う。
まとまりがなくなりましたが,暫くはまた他の方々の活躍をWeb上で拝見しながら,独学を続けていこうと思います。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-08 : モノローグ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

来た!

やった!
欲しかったのはコイツだ!


Eiken1G_certificate.jpg 


画像調整の仕方が良く分からなかったので,控え目に小さな画像のままですが!

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-07 : 英検 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

次の目標

 英検1級には合格したとはいえ(手元に合格証がないので相変わらず不安ですが・・),1次,2次共にギリギリでの通過。
しかも,2次では2回の不合格。
英語力が不十分なのは自分が一番良く分かっています。
次はどこに向かって進んでいくかを考えなければなりません。

TOEIC990点:憧れますが,かなりハードルが高い気がします

国連英検:特Aを取るのは相当大変なようですが,国際知識も必要なので興味があります

通訳案内士:日本についての勉強が必要なので面白そうです

英検1級再挑戦:改変されるので,仕切り直しという意味でも面白そうです


など。

正直,試験は英語力向上のためのツール,ベンチマークとして位置づけて,それに向けてひた走ることで自然と英語力は身についてくるかと思います。
(日本語での知識は別として)
なので,大切なのは何をやるかではなく,いかに興味を持って,いかにコツコツと,淡々と続けられるか,だと思います。
苦痛に感じていると,やはり長続きはしません。
私のような怠け者の場合,やはり楽しくないと続きません。

じゃあどうやったら楽しくなるのか。
ここは永遠の課題です。
学校に通うのか,仲間を増やすのか。でもこれらは2次的なものと思います。
まずは自分がどうしたら興味を持てるのか。
ここが最大のポイントです。
興味を持てさえすれば,あとは時間をかければ何とか出来るのでは?と思っていたりします。
今回の経験が自信につながっています。

ちょっとここまでたどり着くのに時間がかかりすぎましたので,今後の進路について慎重になっています。
もうこんなに時間をかけることは出来ないので。
さらにお金もかけられないので,基本独学路線でどこまで行けるのかをよく考えないといけません。

近日中には答えを出したいと思います。



日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-06 : 学習計画 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級,スコア分析

ギリギリの60点ということでその内訳が気になっていました。
蓋を開けてみると,何とも平凡・・

Eiken1G_201503rd_5.png
 


なんと全て6割というオチでした。
過去2回と比べて,short speechとinteractionが6割に届きました。
これが今回の要因です。
grammer and vocabulary, pronunciationは前回までとほぼ同じでした。

これまでと違うところは,サンプルアンサーの音読,暗唱,そしてオンライン英会話です。
これを続けたので,本番で対応できたのだと思います。
自分では違いが分かりませんでしたが,結果として出てくれたのは本当に有難いことだと思っています。

それにしても本当に薄氷の勝利。
いや,勝利といえるかどうか。何とかかろうじて逃げ切っただけの感じ。
それでも合格は合格。
胸を張りたいと思います。

今しばらくはこれからの事を考えつつ,合格証が届くのを待ちたいと思います。


日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-05 : 英検 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

英検1級,やはり合格の模様!

Webで見ているだけなので実感が無いのですが,再ログインして見てみましたが,やはり合格していたようです。
本当に安心しました。

正直,3回目の2次試験を受けた時はダメだと思いました。
内容が薄く,同じことの繰り返し。
ボキャブラリーも貧弱。
それでも最後まで諦めずにしがみつきました。
終わった後は何故か楽しかったと思えました。
これが前2回との大きな違いでした。

それでも合格までは遠いだろうと思っていました。
良くてもギリギリ足りないぐらいだろうと。
それでも奇跡は起こるのです。

英語学習を再開した頃は英検1級なんて思いもよりませんでした。
とても想像できない高いハードル。
TOEIC900点と共に掲げてきた目標ですが,今はその2つとも叶えることが出来ました。
しかし,到達してみると本当に物足りないものです。
これがTOEIC900点か,これが英検1級か,という感じです。
本当にそう思います。情けないほど実力が伴っていないのです。

とはいえ,長年目標にしてきた1級を取得出来たことで,心が落ち着いたことは間違いありません。
1次免除の間は本当に落ち着きませんでしたから。
今後どうしていくかは少し時間をかけて考えるとして(これもまた楽しい),まずはこれまでお世話になった方々に御礼の気持ちをお伝えしたいと思います。

このブログの立ち上げの頃から交流をさせて頂いている方も少なくありません。
先生になられた方,本を出された方,セミナーを主催されている方,大学で教えてらっしゃる方・・
再学習を始めた頃は,少し頑張れば届くような方々が,今は遥か彼方の世界に。
大きく差がついてしまいました。
しかし,私はそのような方々の活躍を目にする度に,それが自分のモチベーションにも繋がってきたのです。
一人だったらここまで出来なかったと思います。
ここまでの過程では実に色々なアドバイスを頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。
本当に有難うございました。


立ち上げの頃の目標には到達しました。
ここでこのブログを卒業するというのも1つのステップかなとも思います。
一方で,拙いながらもここまで続けてきたことで,愛着もあります。
どうしようか,正直迷っています。

英語学習そのものを止めるのか?
恐らくそれはないでしょう。何らかの形で続けていくとは思います。
でも,どうしていくかはまだ決めていません。
もっと家のこともやりたいなあとも思いますし。

どの道を進むべきか,本当に迷っています。
少し考えて,自分が後悔しない道を選びたいと思います。




日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-04 : 英検 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

英検1級,結果が出ました

ブログメンテナンスのために出遅れてしまいましたが,英検1級の結果が出ました。

続きを読む

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-03 : 英検 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

まさかのブログメンテナンス・・

朝に更新しようと思ったのですが,まさかの9時までメンテナンス・・
帰宅したところですが,仕事で疲れ果てて更新する元気が無いので,また明日にします。

という内容の更新にします。

日々頑張っていきます。応援頂けると励みになります!

2016-03-02 : モノローグ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

Tim

Author:Tim
 
【自己紹介】
独学を中心として英語力の向上を図る会社員

【目標】
TOEIC:安定的な950点以上
英検:苦労しながらも1級

【TOEICスコアの推移】
2000/04 T:495(L:235 , R:260)
2003/05 T:630(L:310 , R:320)
-----------------
2007/03 T:720(L:360 , R:360)
2007/05 T:675(L:305 , R:370)
2007/11 T:735(L:340 , R:395)
-----------------
2008/01 T:720(L:340 , R:380)
2008/03 T:740(L:330 , R:410)
2008/05 体調不良により回避
2008/07 T:775(L:375 , R:400)
2008/09 T:745(L:375 , R:370)
-----------------
2009/01 T:840(L:430 , R:410)
2009/03 T:860(L:395 , R:465
-----------------
2012/07 T:835(L:440 , R:395)
2012/09 T:870(L:440 , R:430)
-----------------
2013/03 T:805(L:400 , R:405)
2013/04 T:835(L:405 , R:430)
2013/05 T:885(L:445 , R:440) *IP*
2013/05 T:900(L:445 , R:455)
2013/06 T:870(L:425 , R:445)
2013/07 T:905(L:470 , R:435)
2013/09 T:890(L:430 , R:460)
-----------------
2014/10 T:845(L:445 , R:400)
2014/12 T:890(L:465 , R:425)
-----------------
2015/01 T:885(L:445 , R:440)
2015/02 T:875(L:425 , R:450) *IP*
2015/03 T:895(L:455 , R:440)
2015/04 T:920(L:455 , R:465
2015/05 T:885(L:480 , R:405)
2015/06 T:885(L:430 , R:455)
2015/07 T:885(L:430 , R:455)
2015/09 T:870(L:440 , R:430)
2015/10 T:890(L:470 , R:420)
次回受験は未定

【英検1級の受験結果の推移】
2011/01 41/77(不合格B)
2011/06 46/79(不合格B)
-----------------
2012/06 56/78(不合格B)
-----------------
2013/06 70/78(不合格A)
2013/10 56/78(不合格B)
-----------------
2015/01 60/77(不合格B)
2015/06 1次試験:84/82 合格
2次試験:49/60 不合格A
2015/11 2次試験(1次免除):49/60 不合格A
2016/02 2次試験(1次免除):60/60 合格
-----------------

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

来訪者様

2007/1/7~

Links

ブログ内検索